勉強会・講演会
赤枠は神奈川県自閉症児者親の会連合会または県連下の地区が主催(共催)する勉強会です。
※ このページへの掲載について
事務局までご連絡ください。なお、ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。
-> 事務局への連絡はこちら
5月
5月27日(日) 13:30〜16:00

2018年度 横浜市自閉症協会 横浜市自閉症児・者親の会 総会記念講演会
シリーズ『自閉症の人たちのゆりかごから墓場まで』第3弾
『みんなで一緒に考えよう!意思決定って何?』

主催 横浜市自閉症協会 横浜市自閉症児・者親の会
後援:横浜市教育委員会(予定)
講師 又村 あおい氏
(難しい話をわかりやすく語ってくださる大人気若手先生 ついに登場!)
内容 当会では、知的障害の有無にかかわらず、自閉スペクトラム症の特性を持つ子ども(ご本人)たちの ライフステージを通したかかわり方や支援について考えています。 保護者や支援者は、障害があっても本人たちが自分らしく生きていくために、 『選択することの大切さ』を教えていただきますが、日常生活の中で、ご本人のためを思い、 親や支援者が提供した選択肢の中から物事を選択させることも多いと思います。 しかし、その与えられた選択肢から選択することは、彼・彼女らの意思を反映しているでしょうか? 昨今、成人期の意思決定(支援)の在り方について様々なところで検討されています。 そもそも『意思決定』とは何か、そして、本人の意思を反映させるためにはどのような支援が 必要なのでしょうか? 本人のための意思決定についてさまざまな角度から検討を続けている 又村あおい氏 にわかりやすく語っていただきます。どうぞお気軽にご参加ください。
場所 横浜ラポール ラポールシアター
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。
6月
6月10日(日) 10:00〜12:00

特性を知って工夫をしよう 小学校期編

主催 県西地区自閉症児・者親の会(県西やまびこ)
講師 社会福祉法人 一燈会
放課後ディサービス トゥモローランド 石飛信彦 氏
生活介護 トゥモローランド 近藤光伸 氏
内容 自閉症スペクトラム(ASD)の人たちと接する場合、特性を理解するということがまず重要です。 “育てにくい”“関わりづらい”周りはそんなふうに感じてしまうことも・・・。 この勉強会では、小学校期の年齢を対象にして、この時期だからこそ大切なことを中心に お話いただきます。放課後デイや家庭での支援の実践例なども交えながら、 講師と参加者の皆さんと一緒にスペクトラムについて楽しく学ぶ機会をと企画しました。
“周りが変われば子どもも変わる”親御さんはもちろんのこと、 放課後デイ等の支援的立場の方のご参加もお待ちしています。
場所 小田原アリーナ 大会議室
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。
6月17日(日) 13:00〜16:00(12:30開場)

神奈川県自閉症児・者親の会連合会 50周年記念事業 記念講演会
地域で暮らす自閉症スペクトラム(ASD) 〜求められる地域生活支援とは〜

主催 神奈川県自閉症児・者親の会連合会 / 厚木市自閉症児・者親の会
後援(予定):神奈川県、神奈川県教育委員会、神奈川県社会福祉協議会、 厚木市、厚木市教育委員会、厚木市社会福祉協議会
講師 福岡 寿 氏(日本相談支援専門員協会 顧問)
内容 13:00〜13:30 50周年記念式典
13:30〜13:40 休憩
13:40〜16:00 総会記念講演会

障がい者の重度化・高齢化や親亡き後を見据え、必要な機能を備えた 地域生活支援拠点の整備が急がれています。
外見からは困り感がわかりにくい自閉症スペクトラムの人たちが 安心して地域生活を送るためには、どんな支援が必要なのか、ソフト、 ハード両面から考える必要があります。
これらについて先駆的な取り組みを行っている福岡氏を講師にお迎えし、 体験談と今後の地域生活支援拠点についてお話いただきます。
場所 厚木市保健福祉センター 6階ホール
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。
7月
7月1日(日) 14:00〜16:30

これからの「制度」の話をしよう
共生型ってなぁに?自立生活援助の使い勝手は?日中型GHって何がいいの? 就労定着支援って何するの?放課後等ディは大丈夫??

主催 秦野市自閉症児・者親の会(秦野伊勢原地区)
後援:秦野市、秦野市社会福祉協議会
講師 又村 あおい氏
内容 前回の改定から早2年・・・重度も高齢の方も地域で暮すのが当たり前という考えは根付きました。 今回の研修会では新設の「制度」に ついて、本当に、知的障害や発達障害の人の役に立つのか、 それは、事業所的にやっていけるのか
サンデル教授の白熱教室より熱く語って頂きます!(ちょっと古い)
半分、あおい?いいえ、全部「又村あおい」です!!!
場所 秦野市保健福祉センター 多目的ホール
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。
7月7日(土) 10:00〜12:00

そうだ!!神奈川県教育局の方に聞いてみよう!
少し気になる子どもたちの高校進路 〜県立高校編〜
主催 AS−pace
共催:秦野市自閉症児・者親の会
内容

既に始まっている県立高校改革、インクルーシブ教育推進実践校、通級指導導入校、 クリエイティブスクール、特別支援学校分教室、定時制高校、通信制高校・・・ どの様な特色の高校かご存じですか?発達上特に問題のない生徒でも高校選びは 人生の最初の難関とでもいうべきステップです。 ましてや発達に何らかの心配や不安を抱えている生徒は尚更のことですよね。 お子さんだけに任せておく事も出来ず、そこに親御さんの知識も必要になってきます。

近年、神奈川の県立高校はとても多様になってきています。 選択肢が増えるのは喜ばしいことですが、同時に“迷う”“決められない”と いうこともでてきますね。さぁ、まずは知らなくちゃ!!ということで・・・県立高校編!!
県教育局 インクルーシブ教育推進課、特別支援教育課、高校教育課 の方にお越しいただきます。

この機会に知りたい情報をGETしちゃいましょう!皆様のご参加お待ちしています。

場所 秦野市本町公民館 2F多目的ホール
お申し込み
&詳細
->こちらからチラシがご覧いただけます。
7月26日(木) 14:00〜

平成30年度 インクルーシブ教育推進フォーラム(全2回)
地域と共につくるインクルーシブな学校 〜みんなでつくる「わたしたちの学校」〜

主催 神奈川県教育委員会
内容 神奈川県では、共生社会の実現をめざして、すべての子どもができるだけ 同じ場で共に学び共に育つインクルーシブ教育を推進しています。
地域の子どもを地域で支え育てていく「インクルーシブな学校」について みなさまと共に考えるフォーラムを開催いたします。

T 趣旨説明及び実践報告
  〇趣旨説明   神奈川県教育委員会
  〇実践報告   ・南足柄市の取組
・茅ケ崎高校の取組
・海老名市の取組
U パネルディスカッション
  コーディネーター:滝坂 信一 氏


場所 海老名市文化会館 大ホール
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。
7月28日(土)

トレーニングセミナー公開講座

主催 神奈川県自閉症児・者親の会連合会
内容

トレーニングセミナーは、実習を伴うセミナーのため、定員24名という少人数制をとっております。 そこで、少しでも多くの方に自閉症について知っていただくために基本講義の部分を公開講座といたします。
TEACCH モデルの基本原理についての講義です。自閉症について知りたい方、TEACCH プログラムの基本講義を 学びたい方、どうぞふるってご参加ください。
※※※公開講座の募集はトレーニングセミナーの講義部分の聴講のみです。実技指導は含みません。※※※

No. 時間 内容 講師
7/28 10:15-11:05 TEACCHプログラムの紹介と解説 内山登紀夫氏
11:15-12:15 自閉症の学習スタイル
13:30-14:30 構造化された指導
14:45-16:00 評価 諏訪 利明氏
16:15-17:45 コミュニケーション

場所 ウィリング横浜
詳細&申し込み -> トレーニングセミナー案内ページ。
8月
8月21日(火) 14:00〜

平成30年度 インクルーシブ教育推進フォーラム(全2回)
地域と共につくるインクルーシブな学校 〜みんなでつくる「わたしたちの学校」〜

主催 神奈川県教育委員会
内容 神奈川県では、共生社会の実現をめざして、すべての子どもができるだけ 同じ場で共に学び共に育つインクルーシブ教育を推進しています。
地域の子どもを地域で支え育てていく「インクルーシブな学校」について みなさまと共に考えるフォーラムを開催いたします。

T 趣旨説明及び実践報告
  〇趣旨説明   神奈川県教育委員会
  〇実践報告   ・厚木市の取組
・厚木西高校の取組
U パネルディスカッション
  コーディネーター:鈴木 文治 氏


場所 川崎市宮前市民館 大ホール
詳細&申し込み ->こちらからチラシがご覧いただけます。